車購入諸経費

車購入にかかる費用と諸経費

 

車を購入すると車両本体価格以外にも諸経費というのも支払わなければならなりません。

 

時期や車種によっても諸経費は異なりますが、
以下のような費用があります。

 

 

 

 

車購入にかかる諸経費

 

 

自動車税、自動車重量税、自動車取得税、自賠責保険、納車費用、リサイクル料金、

 

ナンバープレート料金、車庫証明書、消費税、
登録代行費用、法定費用(登録費用や印紙代など)

 

 

 

自動車税

 

毎年4月1日時点で所有者に対し支払い義務がなされる税金で、
対象の車の排気量に応じて課税されます。

 

途中で車を購入した場合には、購入月に月割りで納付するかたちになります。

 

 

自動車重量税

 

新車登録時と車検時に納める税金で、
車両重量に応じて納める税金が異なります。

 

小型・普通自動車の0.5tごとに5000円増で、
軽自動車の場合は3800円と税額が決まっています。

 

 

自動車取得税

 

車を購入する時に、
車両本体価格とオプション価格の90%に対して課税される税金です。

 

課税率は普通自動車の場合は5%、
軽自動車の場合は3%になります。

 

 

自賠責保険

 

自賠責保険は法律に加入することが義務づけられており、
陸運局ナンバー登録を行うことになります。

 

これは車を登録する時と車検時に毎回更新することになります。

 

 

納車費用

 

納車費用とは車を契約、登録した後に購入者の自宅に運ぶ為の料金で、
自分自ら家に運ぶと、納車費用は免除されます。

 

 

リサイクル料金

 

リサイクル料金は2005年1月1日から法律により、
リサイクル料金を支払うことが義務づけられ、
新車、車検、廃車する時に自動車促進センターに預託することになります。

 

 

ナンバープレート料金

 

新車を購入して陸運局に登録すると、
ナンバープレートが交付されます。

 

各都道府県によって金額は異なりますが、
1500円程度でナンバープレート料金を支払うことができます。

 

 

車庫証明書

 

車庫証明書は購入した車の保管場所を確保していることを証明する為の用紙です。

 

ユーザー自身で発行すると、2500円程度で済みますが、
ディーラーに任せると5000円以上はかかるので、
自分自身で発行すれば半分以下の金額で済みます。

 

 

消費税

 

車を購入すると、車両本体価格やオプション料金、登録代行に
5%(現在2013年)の消費税が課税されます。

 

 

登録代行費用

 

陸運局で新車のナンバーを取得する為に、
検査登録をディーラーに代行して貰う費用です。

 

購入者自身で陸運局に検査登録に行くことも可能ですが、
登録は割と複雑な為、
検査登録はディーラーに代行して貰うほうが無難です。

 

 

法定費用

 

新車の登録や車庫証明書には法定費用がかかります。

 

これらの費用は印紙で支払うことになります。

 

 

 

 

 

 

⇒車購入の流れと必要書類について

 

 

 

 

 

この諸経費に車両本体価格とオプション料金を足した金額が、
車一体の購入金額になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新車を無料見積もりするならオートックワン!

 

オートックワン

オートックワンは日本最大級の新車見積もりサービスで、
1〜2分程度の無料見積もり申し込みができ、
希望条件にあった欲しい車の価格情報を確認でき、
簡単に比較することができます。

 

依頼したお店から値引きをつけた見積もりが
メールで届くようになっており、
希望しない営業マンからの電話や訪問は一切ありません。

 

 

⇒オートックワンの詳細はこちら!

 

 

 

 

 

中古車を無料見積もりするなら

 

ズバット車販売

 

 

ズバット車販売は、ウェブクルーが運営する
中古車無料探しサービスで、
一般公開されていない非公開車両が、
約7割もあるので、在庫切れになった
車でも見つかりやすいですし、
レアな車まで満載です!

 

 

しかも連携先業者が修復歴なしで
しっかりクリーニングされた優良車なので、
高品質な中古車が見つかりますよ。

 

⇒ズバット車販売の詳細はこちら!