自動車ローンの借入先の金利

自動車ローンでの購入について

自動車ローン借入先

 

 

 

自動車は決して安くはない買い物ですが、
一番購入費用を軽くするなら現金一括が金利もつかないので、
できたら一括払いをしたい所ですが、
ローンを利用して愛車を購入するユーザーが多いのではないでしょうか?

 

 

自動車ローンの借入先は、
ディーラーローン、クレジッド会社、銀行、労金・JA
といくつか選択肢がありますが、
それぞれの特徴などを解説していきたいと思います。

 

 

 

 

ディーラーローン

 

 

オートローンと呼ばれるローン払いのこと指し、
販売店が連携してるクレジッド会社から融資を受けてローン払いしますが、
販売店が用意する用紙に必要事項を記入し、
審査に通ると利用することができます。

 

審査は若干ゆるいですが、
収入に対して借入金額高いと融資金額を制限されたりします。

 

低金利キャンペーン中であれば、
ローンを最小限抑えることができますが、
通常金利は5%〜8%と高い為、
購入期間はいつでもよいというのであれば、
低金利キャンペーンを狙って購入しましょう。

 

 

 

 

クレジッド会社

 

販売店と連携していないクレジッド会社もあり、
直接クレジッド会社に申し込むパターンです。

 

販売店と連携しているディーラーローンと違い、
自分で手続きを行わなければなりませんが、
手続きは考えるほど難しくはなく、
審査もゆるやかです。

 

連携するよりも金利が高いのがネックですが、
低金利のクレジッド会社もあるので、
よくリサーチをして利用したいところです。

 

 

 

 

銀行ローン

 

銀行や信用金庫で組む自動車ローンのことで、
販売店と連携しているクレジッド会社、
直接クレジッド会社に申し込むよりも金利が低く、
4%〜5%台がほとんどですが、
審査にも時間がかかったり、
収入額、年齢などに対し審査は厳しく、
借入額が大きければ大きいだけ不利になります。

 

しかし、審査に通れば返済期間が5年から7年までになり、
長期的な返済期間が設けられてあったり、
住宅ローンなど利用していれば金利が更に優遇されたりします。

 

 

 

 

 

労金・JA

 

労金・JAでローンを組む場合、
返済期間も7年で組む事ができ
長期的に返済することが可能です。

 

組合員であれば、自動車ローンの優遇もありますが、
組合員でない場合は出資料金がかかります。

 

審査は銀行や信用金庫のように厳しくはありませんが、
未成年の場合は連帯保証人が必要です。

 

ディーラーローンや銀行よりも更に金利が安く、
3%〜5%台がほとんどなので、
利用価値は高いです。

 

 

 

 

 

 

新車を無料見積もりするならオートックワン!

 

オートックワン

オートックワンは日本最大級の新車見積もりサービスで、
1〜2分程度の無料見積もり申し込みができ、
希望条件にあった欲しい車の価格情報を確認でき、
簡単に比較することができます。

 

依頼したお店から値引きをつけた見積もりが
メールで届くようになっており、
希望しない営業マンからの電話や訪問は一切ありません。

 

 

⇒オートックワンの詳細はこちら!

 

 

 

 

中古車を無料見積もりするなら

 

ズバット車販売

 

 

ズバット車販売は、ウェブクルーが運営する
中古車無料探しサービスで、
一般公開されていない非公開車両が、
約7割もあるので、在庫切れになった
車でも見つかりやすいですし、
レアな車まで満載です!

 

 

しかも連携先業者が修復歴なしで
しっかりクリーニングされた優良車なので、
高品質な中古車が見つかりますよ。

 

⇒ズバット車販売の詳細はこちら!

 

 

 

 

残価設定ローンとは?

残価設定ローンについて

 

 

 

残価設定ローンとは、3年後、または5年後に下取り価格(残価)を
残価設定ローン設定しておき、
車両価格をその残価を差し引いた金額を、
残りの金額をローンで月々支払っていくというものです。

 

 

新車が半額で乗れる!というふうによく言われてるのが、
その残価設定ローンのことで、
最近はディーラーもよく扱うようになりましたね。

 

 

 

残価設定ローンを組むと、
3年後、もしくは5年後には買い取るか、売却するかという選択肢があり、
買い取る場合は残価を一括で支払い、
売却する場合は、3年後、5年後の査定額が残価よりも高ければ、
差額分の現金が受け取れるというシステムになっています。

 

 

しかし、走行距離が長かったり、
車両に傷などがあれば査定額が残価を下回ることもあるので、
その場合は、逆に差額分を支払うという形になります。

 

 

自動車ローンの月々の返済額を少なくしたい時には有利にはたらくこともありますが、
残価設定ローンは、労金・JA、銀行ローンよりも金利が高めなので、
初めからローンを組んだ方が安くつく場合もあるので、
その辺を十分に考慮したうえで利用するようにしましょう。