新車・中古車購入するならココがお勧め!

愛車を安く購入するには

 

今では自動車業界でたくさんの自動車が出回り、
販売店もライバル同士の値引き競争などを
行って販売促進が行われてます。

 

 

車購入後、維持するのにも保険や車検代、
ガソリン代、タイヤなどの
消耗品など費用がかかってきます。

 

 

新車で購入するとなると決して安くはありませんから、
少しでも安く車を購入したい所ですよね。

 

 

 

 

その為に重要視しておきたいことが「値引き交渉をする」ということです。

 

 

 

できれば複数依頼したほうが、
販売者側に購入する予定の車があるから少しでも安く購入したいと意思を伝えれば、
販売者側を他社よりも安い金額を提示してきます。

 

 

交渉の仕方や購入時期などにより、
車両価格を数万〜数十万と値引きすることができますので、
少しでも値引き額を大きくし、
車にかかる費用を軽減していきましょう。

 

 

 

車購入と値引きの5つのポイントをまとめてみましたので、
新車、中古車を購入する時に是非参考にしてみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

車購入と値引きのポイント

 

大幅値引きの時期に狙い目をつける。

 

 

自動車販売店では、3月の決算と、9月の決算期には、
値引きを大幅に上げてノルマの達成を目標に、
販売台数を増やそうとしますので、狙いやすい時期になります。

 

それと6、7月の夏のボーナス、
11、12月の冬のボーナス時期などを狙った商戦時期もありますので、
この月も大幅値下げを期待できます。

 

目当ての車があって購入しようと検討中であれば、
見逃さないように早めに交渉しておくのも1つの手ですね。

 

 

 

また、車も購入時期によっては、
購入後にかかる税金を軽減することもできます。

 

普通車の場合は、
納税義務が発生するのは4月1日からで、
1か月過ぎるごとに税額が少なくなってきます。

 

なので、3月に登録すれば自動車税は不要です。

 

 

一方、軽自動車は月額支払いではなく、
一括払いの納税になっており、
4月2日以降だとに登録すると全額免除になります。

 

 

従って、普通車を購入する場合は、
3月に購入すればお得、
軽自動車の場合は、4月2日以後になります。

 

 

オプションは購入後につけたほうがお得。

 

オプションにはメーカーオプションとディーラーオプションとありますが、
メーカーオプションとは、サイドエアバックや、ヘッドランプ、純正カーナビのことを指し、
契約時に注文しなければいけなく後づけができないものとなっています。

 

メーカーオプションについては、値引きはほとんど期待できません。

 

 

期待できるのは、
交渉次第ですがディーラーオプションは値引きをしてくれる可能性があります。

 

こちらは契約後も取り付けが可能で、
オーディオ、カーナビ、エアロパーツを指します。

 

しかし、ディラーオプションの値引きがあっても、
車両本体価格の値引きは別なので、
車両本体価格の値引き額に影響が出る場合もありますので、
車両本体価格の値引きを優先させ、
その後、オプションの値引きを交渉する形が理想です。

 

 

 

新車を購入する際にオプションは充実してるかと見てしまいがちですが、
オプションも車取得税の対象となりますので、
ここも要注意しておきたい部分です。

 

普通車の場合は5%、軽自動車とハイブリッドカーは3%の取得税がかかってしまいます。

 

 

なので、オプションもあれもこれもつけてしまわないで、
購入後に専門カー用品店などで購入したほうが安くつくという場合だってあります。

 

 

 

営業マンへの理想的な交渉術

 

営業マンには、強引に「値引きしてくれ」といっても、さすが限界はあります。

 

強気の態度だと営業マンも、

 

「このお客さんは面倒そうだな」

 

「このお客さんが今後も値引き交渉されるのは嫌だな」

 

と思われてしまいます。

 

 

営業マンもプロですが人は人ですから、
紳士な態度で交渉してくれる人はこれからも長く付き合いたいと思われますし、
今後も大幅値引き交渉をしてくれる可能性も大きいです。

 

 

営業マンも研修を重ねてきていますから、お客さんとの交渉で、

 

「このくらい値引きしたら購入してくれそうだな。」

 

「まだ購入はしてくれないようだな。」

 

とお客さんの心理も読まれますので、
対象の車への購入意識が高ければ値引きに交渉にも応じてくれます。

 

 

逆に営業マンの心理をくすぐる方法もあります。

 

例えば、

 

「いつも丁寧な応対なので、○○さんに応対して貰えば、安心できる。」

 

「こんなに値引きして頂けると思いませんでした!また利用したいです。」

 

と言えば、営業マンもこのお客さんなら大幅な値引きを
してでも購入して貰いたいと思われるようになります。

 

 

 

諸経費を削減しよう

 

自動車購入の際は、車両本体価格以外にも、
諸経費というものが発生します。

 

 

車購入にかかる諸経費

 

自動車税、自動車重量税、自動車取得税、自賠責保険、納車費用、リサイクル料金、

 

ナンバープレート料金、車庫証明書、消費税、登録代行費用、法定費用(登録費用や印紙代など)

 

 

⇒車購入にかかる諸経費はこちらで解説しています。

 

 

このうち諸経費をカットできるのが、
ディーラーがユーザーの変わりに手続きを行ってくれる代行手数料です。

 

少しでも節約をしたいのであれば、
納車費用や車庫証明書の手続きは自分でやってみてもいいでしょう。

 

車の登録手続きも自分で行うことができますが、
複雑で一般ユーザーには難しい面がありますので
ここはディーラーに任せたほうが無難でしょう。

 

 

 

下取りの車があれば査定して貰おう。

 

 

まず車を購入する前に、下取りする車があれば査定をして貰いましょう。

 

 

ここでポイントですが下取りではなく、買取り店に査定して貰います。

 

下取りするよりも、買取りに出したほうが数十万円特をするという場合が非常に多いです。

 

 

買取りのお勧めとしては、インターネットを使って利用をできる中古車買取査定です。

 

 

インターネットだといろんな店舗に出歩く手間を省けて、
一括で〜30社見積もりすることができるので非常に効率的です。

 

 

しかも見積もりを無料で依頼できるので、経済的にもお得です。

 

 

 

 

中古車買取査定はこちらで詳しく説明してますので、
是非検討してみてくださいね。

 

 

⇒無料で一括見積が依頼できる中古車買取査定の詳細はこちら!

 

 

 

 

新車・中古車購入の簡単無料見積もりならココがお勧め!

 

新車を無料見積もりするならオートックワン!

 

オートックワン

オートックワンは日本最大級の新車見積もりサービスで、
1〜2分程度の無料見積もり申し込みができ、
希望条件にあった欲しい車の価格情報を確認でき、
簡単に比較することができます。

 

依頼したお店から値引きをつけた見積もりが
メールで届くようになっており、
希望しない営業マンからの電話や訪問は一切ありません。

 

 

⇒オートックワンの詳細はこちら!

 

 

 

 

 

中古車を無料見積もりするなら

 

ズバット車販売

 

 

ズバット車販売は、ウェブクルーが運営する
中古車無料探しサービスで、
一般公開されていない非公開車両が、
約7割もあるので、在庫切れになった
車でも見つかりやすいですし、
レアな車まで満載です!

 

 

しかも連携先業者が修復歴なしで
しっかりクリーニングされた優良車なので、
高品質な中古車が見つかりますよ。

 

⇒ズバット車販売の詳細はこちら!